20080730 mehta 1
ちょっと、タイ王女様が主役の映画がもうすぐ公開ですよ。皆さん。
王女様が書いた本が原作になっているそうです。
ちなみに…王女様歌も歌ってますから。ビックリです。時々テレビで1曲丸まる流れるので時間がある方、見て下さいね(。・ω・)ノ゙


さて、今日は、サーヤ、 オハイソー なコンサートへ行ってきました
その名も

Zubin Mehta & 


The Israel Philharmonic Orchestra



でございます!


この指揮者のメータさんは何気に超有名人


日経さんのイベントホームページから…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

指揮者、ミュンヘン・オペラ バイエルン国立歌劇場音楽監督
フィレンツェ五月音楽祭歌劇場・フィレンツェ五月音楽祭首席指揮者

1936年、インド・ポンペイに生まれる。父親は、指揮者で、ポンペイ交響楽団の創設者であるメーリ・メータ。

ウィーン音楽アカデミーで、ハンス・スワロフスキーに師事。22歳のときに英・リバプール国際指揮者コンクールで優勝。一躍脚光を浴び、指揮者としてのキャリアをスタートさせた。1959年のウィーン・フィル客演における大成功には、ヨーゼフ・クリップスから“第二のトスカニーニの誕生”という賛辞が贈られた。

以後、世界各地に招かれて活躍。1977年から現在まで、イスラエル・フィルの音楽監督を務めているが、78年から91年まではニューヨーク・フィルの音楽監督も兼任していた。1995年には、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮台に立ち、現代を代表する指揮者の一人であることを全世界に印象づける。

コンサート指揮者として目立った活躍の一方、1965年にメトロポリタン・オペラでの『アイーダ』でデビューを成功させて以来、オペラにおいても積極的に活躍。1985年、フィレンツェ歌劇場首席指揮者に就任。1996年、同歌劇場を率いて来日し、オペラ指揮日本デビューを華々しく飾った。1998年、W・サヴァリッシュの後をうけて、バイエルン国立歌劇場音楽監督に就任。名実ともにオペラ指揮者の第一人者として活躍を続けている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

だそうです。ちなみに彼現在72歳だって。超ビックリ堯( ̄0 ̄;ノ

そんな人がイスラエルのフィルハーモニーと一緒にやるんだもん!場所はタイカルチャーセンターね。
ということで、腐子さんのお誘いを受けたので行く事に。


腐子さんは今フルートを習っている上に昔はクラリネットをやっていたそうで、
サーヤはその昔トランペットをやっていたのだよ。
ってなわけで元吹奏楽軍団で行く事になりました(笑)


スタートが19時30分だったので、会社からマッハで行ってきました


客層は金持ちそうなタイ人と外交官っぽい人が多かったなぁー(格好の雰囲気的に)


20080730 mehta 2
ホール前
ゴージャスなつくりです。
1987年の王様の誕生日に日本のプレゼントって書いてありました(ウィキペディア情報)


20080730 mehta 3
ホール内の待合場所
開場まですんごいこんでました

20080730 mehta 4
20080730 mehta 5
サーヤの席から
4,000バーツの席でした!
前から9列目の端っこ
これでも販売当日にチケット買いに行ったのに…(腐子さんがね…)

20080730 mehta 6
ホールの外で売っていたパン
び、び、び、微妙



実はこのコンサート、「Bangkok 10th International Festival of Dance and Music」の初日だったのだ。
これから11月にまでかけていっぱいいろんなコンサートがあるので興味がある人は是非行ってみて〜〜


今日のコンサート:Zubin Mehta &The Israel Philharmonic Orchestra
場所:タイカルチャーセンター MRTタイカルチャーセンター1番出口から徒歩5,7分
   14 Thanon Walthana Tham, Khwaeng Huai Khwang, Khet Huai Khwang, Krung Thep Maha Nakhon 10310

http://www.bangkokfestivals.com/





そうそう、このコンサートで偶然、毛毛奴さんに会いました。彼は…何気にファゴット奏者だったのよ〜〜〜
意外と隠れ吹奏楽部員は結構多いと見ました!
サーヤももう一度楽器やろうかなぁぁぁー