ブログネタ
東南アジアのタイ王国バンコクネタ に参加中!
益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (8)



今日紹介するのもヤワラート地区の老舗カフェ!

             
益生甫記
エクテンプーギー EkTengPhuKi

             


です。

ここのカフェは1919年創業のカフェです。今は3代目の方がオーナー
Ek Teng Phu Kiは海南省の地区の中国語読みで、北京の方の読み方だと「yishēngfuji」ってなるってことです…メモメモ

昔からのレシピを守り、今も提供してくれております。メニューは定番のドリンクに、カヤトーストとかがあるようです。


なんと、このお店、お店のオープン時間が朝4時…いったい誰が…って思うけど店頭にお爺ちゃんが集っているのをみて、早起きした人たちが飲みに来るのかなぁぁぁーって思いました。実際はどうなんだろうか…気になる。

サーヤ、店内で飲んでも良かったんですがー今回は一人でプラプラしていただけだったので、お持ち帰り用にしました。



益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (6)
チャーイェン 40バーツ
ノンシュガー可能。甘さ控えめでいい感じ
今回はお持ち帰り用にしました


益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (9)
ビニール付き
持ち運びが楽でいいですね
これ、日本でも流行ると思うんだけどなー

益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (5)
メニュー
タイ語でメニューが壁いっぱいにあります。

益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (3)
創業当時のメニュー
まさかの…氷入りお茶25サターン。
どんだけーーーー。一番高いメニューが1.25バーツ…っていい時代だわ。

益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi (4)
クロワッサンも売ってます
意外と美味しそう…だけど若干高い気がしなくもない65バーツ〜とドリンクより高いです。

あとね、このお店には2階席もあるみたいなんだけど、今回見ることはなかったわ。冷房の効いているお部屋ってネットには書いてありました。

今日のお店:益生甫記 エクテンプーギー EkTengPhuKi
場所:MRTワットモンコン駅から徒歩7分
   163 Phat Sai, Samphanthawong, Bangkok 10100
電話:+66-2-2214484
営業時間:平日 4時〜20時 土日祝日 4時〜22時
定休日:
FBファンページ:EkTengPhuKi.TraditionalCoffee
インスタグラム:ektengphuki
LINE:こちら
駐車場:無

地図:


今度は朝食食べてみたいなーおじいちゃんと会話してみたい…。
昔のヤワラート話とか聞いてみたいなー。(話しかける勇気ないけど)